« イラン戦へ向けて | Main | 田中の代役は »

Wednesday, February 16, 2005

ワンツーのつもりがラストパスに

Vアシスト福西「あのパスはワンツー」(nikkansports.com)

 G大阪の大黒を一瞬にして日本の「大黒様」に変えた北朝鮮戦のパスは、福西にとってはちょっとしたハプニングだった。「あれはねえ。ワンツーしようかと思って出したら(大黒が)そのまま打ってしまったんです」。ちゃめっ気たっぷりに打ち明けた。
 本当は決勝ゴールを決めているはずだった。引き分け濃厚の北朝鮮戦の後半ロスタイム。右サイドから小笠原の放り込んだボールをGKがはじいて目の前に飛んできた。その瞬間、右足で落ち着いて前方の大黒に落とした。ちょうどゴールを背にして立っていた大黒が、すぐに壁パスで返してくれるとひらめいたからこその、ワンタッチプレーだった。

パスを出したもののリターンがなかったらしいです^^;

この決勝点のシーンですけど、大黒があの位置で振り向きざまのシュートを打ったから相手が反応できなかったワケで。福西は大黒にボールを流してもらうためにパスを出したようですが、大黒の向いている方向を考えるとおそらく左側にしかリターンを出せませんよね。
ただ、福西がパスを出した位置や高原が左少し外に詰めていたところからは、相手DFが1人か2人いたみたいなんでどうしても精度は落ちていたでしょうね。仮に大黒が左側に流していたとしたら高原が最終的に処理していたでしょうが、それならむしろ福西が直接高原にパスすればいいワケで。

結局、すぐ前にダイレクトパスを出した福西、反転させて左足でシュートした大黒、どちらのプレイも的確かつ絶妙だったと思うんですが、如何でしょう...

|

« イラン戦へ向けて | Main | 田中の代役は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6004/2948154

Listed below are links to weblogs that reference ワンツーのつもりがラストパスに:

« イラン戦へ向けて | Main | 田中の代役は »