« 最終予選への意気込み | Main | 咆える蜘蛛 »

Saturday, February 05, 2005

踏切は徐行で?

踏切横断「止まらずOKに」 自民有志が法改正検討(asahi.com)

 自民党の「踏切問題協議会」(会長・宮路和明衆院議員)が、01年秋から踏切事故の分析や海外視察などを重ねてきた。踏切前の一時停止と安全確認を義務づけた道交法33条1項を「注意しながら徐行で通行する」と改めたいとしている。
 宮路氏らによると、踏切前の一時停止を義務づけているのは、世界で日本と韓国だけ。止まらないようにすることで、交通の流れは1.7〜2倍スムーズになり、省エネ効果も原油換算で年間51万キロリットルにのぼるという。35万世帯の排出量に匹敵する年間118万トンの二酸化炭素削減も見込まれ、京都議定書の発効を控え、「温暖化対策の切り札になる」ともアピールしている。

免許とって以来、踏切通ったことないなぁ...
神戸市内は高架や地下の部分が多いし、滅多に市外に出ないし、実家に帰ったときしか乗らないし、そもそも免許とって5ヶ月やし(ぉぃ
確かに一時停止をやめて徐行にした方がスムーズにはなるやろうけど、踏切を通っているという意識が薄れていくようでは問題ですよね。

|

« 最終予選への意気込み | Main | 咆える蜘蛛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6004/2815890

Listed below are links to weblogs that reference 踏切は徐行で?:

« 最終予選への意気込み | Main | 咆える蜘蛛 »