« コカコーラC2 | Main | インド戦、キックオフ »

Tuesday, June 08, 2004

金星日面通過と神戸の名所

金星が太陽の前を通過 日本では130年ぶり(asahi.com)

地球と太陽とを結ぶ軸上に金星が入ることで、金星が太陽の中に黒い点として観測される。金星の公転軌道面は地球の公転軌道面に対して3.4°ほど傾いていて、両方の軌道平面が交わっているところでうまく並ばないと見えないため、非常に珍しい現象だそうだ。

ところで、2004年の金星台(塩屋天体観測所)によると...

 その130年前の1874年12月、日本には欧米各国から観測隊が派遣され、神戸にもフランス隊の分遣隊がやってきて、みごと観測に成功しました。
 現在は神戸市中央区諏訪山公園となっている観測跡地。記念碑が建てられて「金星台」という名前で呼ばれています。

つまり、「ビーナスブリッジ」の由来は130年前の金星日面通過にあるってコトらしい。知らなかった^^;
残念ながら今日は昼間ずっと曇ってた感じで、近畿ではうまく見えなかったっぽいんですが...

|

« コカコーラC2 | Main | インド戦、キックオフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6004/736292

Listed below are links to weblogs that reference 金星日面通過と神戸の名所:

« コカコーラC2 | Main | インド戦、キックオフ »