« 血液型統計 | Main | ♪走りくる影は明日への追い風〜 »

Wednesday, June 16, 2004

横尾山と馬の背

きよもりさんの040612 須磨奥の下見山行(山行記録)という記事の中に須磨アルプスの話題を見つけました。
blogで横尾山の記事を見るのは初めてなんでちょっと感動かも。岩が風化してしまって非常に通りにくくなっている「馬の背」と呼ばれるところの写真が載ってます。

しばらく神戸にも帰ってないんで、そろそろ実家に連絡入れとこうかな、とw

|

« 血液型統計 | Main | ♪走りくる影は明日への追い風〜 »

Comments

神戸のご出身ですね。
須磨アルプスは、全縦の通過道としてしか認識はありませんでしたが、先日は、雨の中をJR鷹取から歩いて、須磨離宮の横から谷を詰めました。
花崗岩の風化による崩壊は進んでいますが、縦走路として絶えず、整備されているようで、新しい鎖や、鉄製の階段もステップの横木は新しくなっていて、危険は感じませんでした。
須磨浦から旗振山、高倉台、鉄拐山、横尾山と歩くと、大昔(40年前?)まだ高倉山があった?頃のことを思い出します。ある時、久し振りに全縦走に挑戦したら、高倉山が消えていて、足元100m余りが切り取られて石切場になっていた時は本当に驚きました。ちょうど、JFケネディが暗殺された日で、その土がベルトコンベアで海岸に運ばれ、ポートアイランドの埋め立てに使われていたと知った時、山を削って住宅地(高倉台)を作り、海を埋め立てて島を作る(PI)一挙両得の知恵に感心しました。しかし、まさか40年もして、毎日その島へ通うことになるとは思いもしませんでしたが・・・
かく言うきよもりも、東京からの単身生活8年目です。

きよもり 【山歩仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
 URL : http://morii2.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 04.06.17 22:17 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted by: きよもり | Thursday, June 17, 2004 at 22:18

わざわざコメントまでいただいて恐縮です。
この山の麓の小学校出身で、横尾山はもちろん旗振山や鉄拐山方面にも当時の遠足のコースとして馴染みがあるんですが、六甲全山縦走大会なるイベントの存在は神戸を離れて初めて知りました。せっかくなんで一度は体験してみたいですね~

Posted by: Xiad | Friday, June 25, 2004 at 23:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6004/782168

Listed below are links to weblogs that reference 横尾山と馬の背:

« 血液型統計 | Main | ♪走りくる影は明日への追い風〜 »