« インド戦、3-0で折り返し | Main | 京都選手権 »

Wednesday, June 09, 2004

インド戦、大量7得点

後半はセットプレーからの2点を含む4得点。7-0で試合終了。

4点目、中村の自陣からのロングパスを玉田が受け、ドリブルで中へ切れ込んで左足でミドルシュート。これが後半から出場の鈴木の右ももに当たり、コースが変わってゴール中央へ。記録上は鈴木のゴールらしい^^;

ここで、日本はDF宮本に代えてMF小笠原を投入。実質2バックの布陣で総攻撃を目指す。直後、右側ゴールライン近くからのFKを俊輔が中央に入れる。そこへ走り込んできたDF中澤がフリーで右足ボレーシュート。まさにDFも参加する全員攻撃...
その3分後、ハーフライン付近から福西が右サイドの加地へロングパス。加地が絶妙のパスを途中出場の小笠原へ通し、これを受けた小笠原は落ち着いて相手GKをかわしてから左足でシュート。

さらに、小野を下げてベテラン藤田を投入するが、しばらくは点の取れない時間が続いた。左CKを得た日本は、これを俊輔が蹴り中央の中澤へ。中澤は得意のヘディングでゴール左上に決める。

最後に、ペナルティエリア外右側からのFKを俊輔が左足で直接シュート。これは相手GKが弾いてセーブされ、直後試合終了となった。

見事7-0での勝利だが、グループ内でライバルとなるオマーンのことを考えると、取れるところはもっと取っておくべきだった、といえるのかも知れない。結局はDF中澤のみ2得点で、もっとFW陣が積極的に得点を取らないと...
誰かがハットトリックを達成していてもおかしくない試合なのにね。

見ていておもしろかったのはキャプテンマークの扱いについて。
後半、宮本に代わって小笠原が入るとき、宮本はキャプテンマークを小野へ。
さらに小野に代わって藤田が入ったときは、小野は福西にキャプテンマークを渡すが、受け取った福西は照れて俊輔に渡そうとした。これを受け取った俊輔が腕に巻く、と思ったが最終的に俊輔も藤田に渡し、藤田が巻くことになったようだ。
サッカーでゲームキャプテンの役割ってなんやろう?キャプテンがレフェリーに抗議しに行くシーンなんて見たことないけど...


6/13 追記:

キャプテンマークについての記事がいくつかありました。

キャプテンマーク(Red-Deer'sDiary)
【2006ワールドカップアジア地区1次予選 日本 vs インド】快勝の一戦の舞台裏。キャプテンマークの行方は?(Jリーグ ファンサイト[ J's GOAL ])

もちろん、上に書いた抗議云々ってのはバレーと比較しての話ですよ^^;
バレーボールでは、「リベロはチームキャプテンになることはできるがゲームキャプテンになることはできない」とか「ゲームキャプテンが途中交代するときは、新しくゲームキャプテンを指名し主審に示さなければならない」とか厳しい制約がありますね。
まぁ、結局今の段階ではサッカーのゲームキャプテンの役割はわからずじまい...残念!

|

« インド戦、3-0で折り返し | Main | 京都選手権 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6004/740536

Listed below are links to weblogs that reference インド戦、大量7得点:

« インド戦、3-0で折り返し | Main | 京都選手権 »